アパート・マンション経営で不動産投資に挑戦

数ある不動産投資でも広く行なわれているのが、アパート・マンション経営です。
最近は管理業務も管理会社に委託し、半ば放置するような形で投資を行なう方も増えています。
似たような投資と思われがちなアパート・マンション経営ですが、アパートは一棟を経営、マンションは一室のみを経営するスタイルが多いです。
アパート・マンション経営は、それぞれで経営のスタイルが異なります。
アパート経営は一棟を丸ごと購入し、入居者からの家賃収入を得ます。
対してマンションは一室を購入して家賃収入を得るのが一般的です。
それぞれ複数の入居者から収入を得られて、一部屋だけの購入なら低コストといったメリットがあります。
アパートやマンション経営は、昔から行なわれてきた不動産投資の一つですが、最近は管理会社などのサポートが増えてきたため、働きながらでも安定した収入が望めます。
アパート経営の場合は昔ながらの専属での管理業務を行なう方もおり、マンション経営も、余裕があれば複数の部屋を購入するなど、人それぞれの投資のスタイルに挑戦できます。